Posted on and Updated on

美肌になるために

美を追求する女性
適切な肌のお手入れをしているのに、中々ニキビなどの肌トラブルが改善しない方は、体が披露しているのかもしれません。

肌と内臓は深く関係しているので、内側からケアしていく必須があります。

睡眠、運動、食事を元にスキンケアを行うと美肌をつくる事が出来ます。

この中でトップ大事なのが睡眠。

睡眠直後の約3時にホルモン分泌が高まると言われています。

ホルモン分泌が高まる時帯は、夜10時から深夜2時と言われています。

この間に質の良い睡眠をとる事が最も良いと言われているので、心がけて見て下さい。

質の良い睡眠をとる為には、眠る前に環境を整えます。

PCやスマートフォンを寝る直前まで見ると脳が活発になったままなので質の良い睡眠が得られません支障がなければ眠る一時前は、脳を休め照明を陰湿にして憩いしましょう。

贔屓のアロマオイルを焚いたり、ストレッチやヨガを軽くする、気分が高まっていれば深呼吸、瞑想をして高揚した心情を落ち着けましょう。

体を締め付ける下着は避ける事、血行が悪くなるので禁物です。

入浴後、水分補給をする時はコーヒーや緑茶などカフェインが内蔵されている飲み物は脳を目覚めさせてしまう働きがある為避けます。

ホットミルクやハーブティーがお勧めです。

カモミールが眠気を誘ってくれると言われています。

又、寝具選択しも肝心です。

マットレスや枕も自身の体にマッチしたものを選択しましょう。

美肌を用意する基礎は睡眠、体の内側から艶やかになればお肌も喜んで解答てくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です